就活支援ジャーナル

send TOPが語る就活成功のカギ 株式会社ジェイック

2014年3月6日 木曜日

 大学新卒者の就職はもちろん、いわゆる第二新卒やフリーター状態にある若者の転職・就業支援、また社員教育に関するサポートを中心に、若者と中堅・中小企業の橋渡しを推進しているのが株式会社ジェイック(本社東京・千代田区)だ。  代取締役社長・佐藤剛志氏に、これからの就職活動を成功させるためのキーポイントをうかがった。 t 株式会社ジェイック 代表取締役社長 佐藤 剛志 氏 INFORMATION 事業内容 教育研究事業、社員教育教材の制作・販売事業、セミナーの企画・運営事業、人材紹介事業、人材派遣業、行政の雇用対策事業支援、大学支援サービス 設  立 平成3 年3 月 資 本 金 7,700 万円(平成24 年4 月現在) 社 員 数 90 名(平成24 年2 月現在)  

〝選ばれている〞から〝選んでいる〞へ

 

―就職成功に向けて最も大切なことは何でしょうか?

 「自分が企業に見られ、選ばれているのではなく、自分も企業を見て、選んでいる」という意識を強く持って就職活動を行うことが重要です。それが心の余裕につながりますし、同時に、自分の人生を自分の意思でデザインしていく自立心や独立心が多くの企業に求められています。    また、現在の就職市場では一部の大手企業に学生が殺到する傾向がありますが、「大手企業は安定している」といった固定観念に自分の人生を委ねる見方は大変リスキーであると知るべきです。そうではなく、自分が必要とされ、なくてはならない存在になれば、それこそが「安定」と呼べるのではないかと私は思います。だからこそ、「この会社で活躍し、成長できるかどうか」という視点から、あなたが企業を選ぶべきなのです。

―就職した後の自分の姿をイメージするべきだと。

 内定がゴールになってしまっている印象がありますからね。しかし、就職活動を終えて燃え尽きてしまったというのでは本末転倒となります。    弊社では中堅・中小企業の採用支援を行っていますが、この時期にも積極的に新卒を採用したいという企業は数多く存在します。ベンチャー企業や中堅・中小企業では、さまざまな経験を若いうちに積むことができるメリットがあります。中には驚くほど大きな責任ある仕事を任されることも少なくありません。    大企業と中堅・中小企業の良いところ・悪いところを比較して自分の価値観や適性を重ね合わせ、自分が活躍できるステージを選ぶという考え方をしてみてはどうでしょうか。

―貴社では大学生を対象とする支援も行っているとうかがっています。

 大学4 年生を対象に、持っているポテンシャルを発揮するための研修を行った上で、人を育てる姿勢を持った優良企業の経営者30人と書類選考なしで会える就職イベント「新卒カレッジ」を行っています。    首都圏、関西圏の有力大学などと連携してキャンパス内で開催しており、現在、連携大学もどんどん広がっています。

―就職活動のモチベーションを保つのが難しい時期に突入します。

 就職活動のメリットは、社会に出てしまうと簡単には会えない経営者、各企業で活躍するトップビジネスマンと比較的容易に会うことができ、また、さまざまな業界業種の企業を訪問できることです。そう考えると、就職活動は単に「就職するため」ではなく、大いに成長できるきっかけになります。社会で活躍するビジネスマンは、例えば、お客さんと商談するにしても、目の前の契約や売上だけを見るのではなく、「いい会社を見極める力を身につける」「経営者の視点を学ぶ」など、自分を成長させるチャンスだと考えています。そのような視点を持つことができれば、就職活動が楽しくなり、取り組み方も大きく変わってくることでしょう。

―就職活動に励む学生にエールをお願いします。

 何よりも、最後まであきらめずやり遂げようとするマインドが重要です。    就職活動では、社会で活躍するために必要なことを多く学ぶことができます。目先の結果だけにとらわれることなく、成長するチャンスと思ってみることをお勧めします。  

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ