就活支援ジャーナル

send 第2回 コメディエンヌが教える「会社説明会のポイント」

2018年4月3日 火曜日

就職活動では、コミュニケーション力が特に求められます。面接試験はもちろん、企業の人事・採用担当者やOB・OG との面談など、社会人や幅広い年代の人たちとコミュニケーションを取る必要性に迫られることも少なくないでしょう。エンターテインメントユニット「モエヤン」の一員としてデビュー以来、多くの人々に「笑顔」を届けることで幅広い支持を集めてきたマルチタレント・池辺愛さんによる「笑顔の就職活動」。今回は会社説明会のポイントや書類の書き方等についてアドバイスをいただきました。  

会社説明会に参加しています。どのような点を意識すれば良いですか?

平成30(2018)年3 月に卒業予定の大学生などを対象とする会社説明会が3 月1 日に解禁され、現在多くの就活生が企業や業界研究に力を注いでいます。 就職活動を頑張るみなさんにとっては人生で初めての会社説明会への参加で、不安な気持ちを抱きながら活動をしている人も中にはいるかもしれませんね。そうした時は「本番ではないから大丈夫!」と、自分の心に言い聞かせて、リラックスして臨むことが大切だと思います。何事も緊張して焦ってしまってはうまくいくことも、逆の結果になりかねませんので、まずは落ち着いて参加するように心がけてみましょう。 また、参加する際は身だしなみを整えて、人事・採用担当者の方にお会いした時は笑顔を見せながら大きな声で挨拶をするようにしましょう。会社説明会の段階から就活生のことをチェックしている企業もありますので、そうした明るく元気な挨拶が、人事・採用担当者の方にきっと良い印象を残せるはずです。 一般的に会社説明会はウェブサイトだけでは分からない企業の雰囲気や仕事内容をたくさん知ることができるチャンスでもあります。ですから、説明会では担当者の方の話をしっかりと聞き、疑問点があれば積極的に質問をするようにしましょう。 また、「この会社で働きたいか」という視点を持って、担当者の方の様子を観察するのも大事なことです。就職活動では、企業側が採用試験を受けに来た学生を選考するわけですが、反対に学生側も採用試験を受ける企業を選んでいるわけです。ですから、人事・採用担当者の方の「立ち居振る舞いはどうか」「会社の説明に情熱を感じられるか」など、自分なりのポイントを持って会社説明会に参加するようにすれば、きっと希望の企業が見つかるのではないかと思います。  

エントリーシートや履歴書など、提出書類のポイントを教えてください。

6 月から企業の採用選考活動が解禁になりますので、現在エントリーシートや履歴書を書いている就活生は多いと思います。 最近はスマートフォンを使ったピーアール動画を提出させる企業が増えているというニュースも耳にしましたが、いまのところは手書きもしくはワープロソフトを使った作成が主流だとうかがっています。 手書きであればどうしても人によって字がきれい・汚いの差が生じやすくなってしまいます。しかし、大切なことは一文字一文字気持ちを込めてていねいに書くことだと思います。 現在は出演しているラジオ番組でリスナーの方からお手紙をもらってお返事をする機会もありますが、やはりていねいに書くことを心がけています。 忙しいと走り書きのように雑に書いてしまいがちですが、慌てて書いた文字というものは読んだ人にも伝わってしまいます。反対に字がきれいでなくても、気持ちを込めていれば、その想いはきっと読み手の方にも伝わるはずです。 今後はさまざまな書類を作成する機会が増えるでしょうが、焦らずに落ち着いてていねいに仕上げれば、きっと良い評価につながります。あとはその会社に入って活躍したいという想い入れや自分のアピールポイントを書ければ、きっと面接試験へと進むことができるでしょう。  

採用試験の面接がいまから心配です……何かアドバイスをお願いします。

就職活動において面接試験を実施しない企業はありません。それだけ企業は学生の〝人物像〞を重要視しているのです。ですから、自分自身を評価される面接に対して不安に思う気持ちはよく分かります。 私事で大変恐縮ですが、先日子どもが産まれたこともあって3 カ月間の産休を取らせていただきました。これまで4 年以上続けてきた番組なのに、たった3 カ月間休んだだけで復帰一回目の放送がとても緊張したんですね。 ですから、初めて経験する就職活動の面接で緊張するなと言うほうが無理です。そうだとすれば、緊張するのは当たり前のことだとまずは受け入れることが成功への第一歩なのかなと思います。 その上で何度も面接を経験していけば、少しずつ緊張もほぐれていくはずです。もちろん、在籍する大学のキャリアセンターの方に模擬面接をお願いすればより効果的でしょう。 あとは身体に働きかけることも有効な手段です。人は緊張すると呼吸が無意識のうちに浅くなってしまうんですよね。だから私はラジオの放送前に顔の筋肉をゆるめるストレッチを取り入れています。「ブルルルル」って唇を震わせると顔の筋肉がほぐれて噛みにくくなるとか、身体のいろいろなところを押したり回したりしてほぐすとか、実は結構やっています(笑)。時間がない場合は面接室に入る前に深呼吸をするだけでも違ってくると思います。適度な緊張感を持って面接に臨むことができれば、きっと集中することができるはずです。ぜひ参考にしてみてください。   PROFILE いけべ・あい 1980年8月11日生まれ。2005年、エンターテインメントユニット「モエヤン」を結成しデビュー。以来、テレビ・ラジオ・映画など多彩なジャンルにおいてマルチな才能を発揮。13年「モエヤン」解散後、現在はラジオパーソナリティやソロのタレントとして活動中。

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ