就活支援ジャーナル

send 第5回 コメディエンヌが教える「笑顔の面接試験」

2018年4月11日 水曜日

就職活動では、コミュニケーション力が特に求められます。面接試験はもちろん、企業の人事・採用担当者やOB・OG との面談など、社会人や幅広い年代の人たちとコミュニケーションを取る必要性に迫られることも少なくないでしょう。エンターテインメントユニット「モエヤン」の一員としてデビュー以来、多くの人々に「笑顔」を届けることで幅広い支持を集めてきたマルチタレント・池辺愛さんによる「笑顔の就職活動」。冬の就職活動のポイントについてお話をうかがいました。  

最終面接でまた落ちてしまいました。なかなか内定がもらえずに焦っています……。

失敗ではなく良い経験ができたと考えよう 最終面接までいって不合格になってしまうって、学生にしてみたらショックは大きいですよね。書類審査、面接試験と選考が進んで、あと一歩のところで落ちてしまう、これほど落ち込むことはないと思います。 ただ、「こう答えたら良かったかな」「こういう対応をしておけば良かったかな」など、次につながる反省はもちろん大切ですが、漠然とクヨクヨしてしまうのは時間がもったいないと思います。就職活動ができる時間は限られていますので、引きずり過ぎずになるべく早く次に気持ちを切り替えましょう。 私が所属している劇団の「SET」でも、就職活動と同様に劇団員になるための試験がありますが、例えば可愛らしくて踊りの上手い子が受けたとしても、すでに劇団に似たようなキャラクターの子がいれば、場合によっては不合格になってしまうことがあるかもしれません。 ですから、「失敗ではなく良い経験ができた」とプラスに考えるようにしていきましょう。仮に10 社の採用試験に落ちたとしても、10 回失敗したのではなく、10 回の経験を積むことができたと考えれば、11 回目は自信を持った状態で臨むことができますよね。そうやって経験を自信に変えていきましょう。 また、この時期の就職活動は、やはり面接でも暗い気持ちになりがちです。だからこそ、笑顔がとても大切になります。緊張すると、なかなか笑顔が作れないかもしれません。顔が引きつってしまう場合は、口角を上げるだけでも印象が良くなるので、ぜひ試してみてください。 そこで、私がオススメしたいのが、スマートフォンの自撮り機能の活用です。写真というのは正直なもので、素敵な笑顔になっているか、自分でもすぐに分かります。余裕があれば面接直前にチェックしてみるのも良いですね。 就職活動は「出会い」です。この時期でも思うような採用ができず、焦っている企業は多いはずです。ですから、決してあきらめずに、笑顔を作って楽しむ心を持ちながら、頑張って欲しいと思います。  

現在3年生でもうすぐ就職活動が始まりますが、自分のやりたい仕事が見つかりません……。

積極的に行動することで、チャンスは向こうからやってくる やりたい仕事がない場合、すぐに見つけるのは簡単なことではないかもしれません。しかし、興味があることは誰にでもあると思います。例えば、車が好き、食べ物が好き、スポーツが好きなど、どんなことでも構いません。そういった好きなものの延長に自分の仕事を見つけることができないかを、まずは考えてみてはどうでしょうか。 趣味と仕事を分けるという考え方ももちろんあります。しかし、やりたいことが見つからないのであれば、まずは好きなことをスタート地点に、関連する企業を調べてみましょう。そうやって情報を得ていくうちに、働いてみたいと思う会社が見つかったり、「好き」という気持ちを活かせる仕事に出会えたりするはずです。婚活と同じですね。家にいるだけで何も行動せずに、「出会いがない」なんて言うようになってはいけません。「チャンスがあればすぐに行く」という積極性を、就職活動でも持ち合わせたいですね。 私は劇団員になるという夢をかなえましたが、もともとは「SET」のオーディションの最終選考で落ちているんですね。そのオーディションの帰りのエレベーターで偶然審査員の方と出会い、少し会話を交わした時に「興味があるなら」と名刺をいただけたのです。それで翌日すぐに電話をして、劇団員として舞台に立ちたいというアピールを続けるうちに、研究生としてレッスンを積ませていただける機会をもらい、そこから選抜されて劇団員になることができました。 ですから、行動してみることで、チャンスは向こうからやってくるものだとその時に学びました。待っているだけでは誰もみなさんの人生をプロデュースしてくれません。自分から動くことで、結果的に良い会社とも巡り合うことができるのではないでしょうか。積極的に行動に移す労力をぜひとも惜しまずに、頑張って欲しいと思います。  

安定の“雑談tips” 明日使える!

就職活動をうまく進めるためにも、そして就職してからも、気分転換はとても重要です。みなさんは気分転換にどんなことをしていますか? 気分転換のポイントは体にアプローチをかけて気持ちを切り替えることだと思います。だから運動することはとても効果があります。運動をしたくない人はマッサージも良いですよ。気持ちが良いと、難しく考えたり悩んだりすることができないので、頭をリセットできます。 私は都会で働いていることもあって、自然を見るのが気分転換にとても良いということに気がつきました。自然豊かなところで太陽の光を浴びると、体も自然な状態に戻り、雑念や悩みが消えてしまう気がします。 そうやって体を使って無理にでもリセットした後では、たとえほんの少しでも、気分が必ず変わるものです。気分転換、ぜひいろいろ試してみましょう。  

PROFILE

いけべ・あい 1980年8月11日生まれ。2005 年、エンターテインメントユニット「モエヤン」を結成しデビュー。以来、テレビ・ラジオ・映画など多彩なジャンルにおいてマルチな才能を発揮。13年「モエヤン」解散後、現在はラジオパーソナリティやソロのタレントとして活動中。レギュラー出演 FM NACK5「 monaka」(月)~(木)9:00~12:40生放送中!

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ