就活支援ジャーナル

send 優良企業の内定を勝ち取る2 内定塾 高嶌 悠人 氏

2014年3月7日 金曜日

  内定塾」 事業部 部長 高嶌 悠人 氏 たかしま・ゆうと● 北海道出身。多くの学生を優良企業に送り出した実績を持つ就活予備校「内定塾」のカリスマ講師。  

■見落としがちな就活の落とし穴

 就職活動もいよいよ終盤。とりわけ未内定の学生にとっては、この時期に就職活動を振り返り、いかに見直すかが、内定を勝ち取るカギになります。そのため、今回は就職活動における見直しポイントをご紹介します。  

企業研究の見直しポイント

   企業の情報を、事業内容を把握しただけで満足してしまっていませんか?    もちろん、その企業が何をしているのかを知ることは重要ですが、それだけでは不十分。例えば、つい就活生が見落としがちになっているのが、「企業理念」や「社長のコメント」です。    会社のトップである社長の考えや、社長が中心となって定める企業理念は、その企業の「らしさ」が大きく現れます。これらの情報は“その会社が自分の価値観に合っているのか”を知るヒントになるはずです。  

面接試験の見直しポイント

   この時期での面接の失敗で多いのが、「話しすぎてしまうこと」です。企業の採用担当者に対して必死にアピールしようとするあまり、結果的に長く話しすぎる学生が目立ちます。    例えば、「簡単に自己紹介してください」という投げかけに対し、自己PR を5 分間にわたって一方的に話し続けたなら、内容は良くても面接は不合格になる確率が高いのです。    就職活動で評価される「コミュニケーション能力が高い」とは、長く話すことではなく、相手の意図に的確に答えることだと認識を改めた方が良いでしょう。    就職活動は、早く内定を取った者勝ちではありません。少し遠回りに思うかもしれませんが、いままでの就職活動を見直し、粘り強く取り組んでベストな企業を見つけてください。  

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ