就活支援ジャーナル

  • HOME
  • 就活支援ジャーナル
  • 人事が語る学生と直接対談の魅力 「就活は〝直接面談〞で!」 医療法人社団 桐和会グループ

send 人事が語る学生と直接対談の魅力 「就活は〝直接面談〞で!」 医療法人社団 桐和会グループ

2014年3月5日 水曜日

C 医療法人社団 桐和会グループ 統括本部 人事課長・中山 都左 氏  

笑顔と信念で働くプロフェッショナルを育成

   「あんしん」と「まごころ」をスローガンに、クリニックや老人ホームなど、地域密着型の医療・福祉施設の運営によって評価を高めているのが医療法人社団桐和会グループ(統括本部東京・江戸川区)だ。    事業規模が年々拡大していることからも分かるようにその成長は著しく、現在の従業員数は850 人と、大企業イメージの1000 人をうかがう勢いだ。業績を伸ばしながら顧客の満足度を高めていくには、優秀な人材の獲得と人材育成が欠かせない。そのため桐和会では近年、採用と教育には特に力を入れている。    「向上心を持つ、笑顔でポジティブな人材をぜひ採用したいと思っています」  そう話すのは、統括本部人事課長の中山都左氏だ。    「医療・福祉の現場では、患者さまや利用者の方々から、他の業界ではなかなか経験できない感謝をされることも少なくありません。そうした仕事のやりがいや、魅力と共に仕事の大変な部分をしっかりと伝えることで、入職後イキイキとした表情で働いてもらえるよう努めています」    さらに同法人では、効果的な採用方法の一手法として、「学内合同企業説明会」を活用している。中山氏は「学校がプッシュしている企業が集まる傾向にあるため、学生のみなさんは安心して企業の説明を聞けると感じてくれているようですね」と、強調する。    一方、入職してしばらくは、理想と現実のギャップに悩まされる若者も少なくないという。「だからこそ、こまめに私たち採用担当の人間が現場に顔を出すようにして、声をかけたり、悩みの相談を受けることでモチベーションを保てるように心がけています」    最後に、中山氏は「何よりも、まずはあきらめないこと。そして、志望業界を絞り込み過ぎず、広い視野で企業研究を重ねて欲しい」と、エールを送った。    

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ