就活支援ジャーナル

send キーマンが語る内定への道 医療法人社団桐和会グループ

2014年3月6日 木曜日

J 医療法人社団桐和会グループ 管理部人材開発課/中山 都左  

医療・福祉業界で急成長! 人を笑顔にする仕事

 高齢化の急速な進行に伴い、ニーズがますます高まる医療・福祉業界において近年注目を集めているのが医療法人社団桐和会グループ(本部東京・江戸川区)だ。同法人では、都内江戸川区と埼玉県を中心に病院やクリニック、福祉施設の運営などを行っている。    同法人はこの数年で社員数が倍増するなど、まさに成長の過渡期にある。新施設の立ち上げにも意欲的で、来年1 月には「特別養護老人ホーム江戸川さくらの杜」を開設予定だ。また、今後もさまざまな施設の開設を計画しているという。   人材開発に携わる中山都左氏は、利用者に安心して毎日の生活を送ってもらえる「おもてなしの心」を躍進を続ける背景に挙げる。    「社会保障制度によって提供するサービスが一律に決まっている医療・福祉業界では、利用者とのコミュニケーションが重要なポイントとなります」    同法人は徹底した顧客目線と、地域密着型の医療・福祉を実践することで、利用者の信頼を集めてきた。    「積極的に利用者とふれ合いながら成長したいという気持ちを持つ人を採用したいと考えています」    また、中山氏は身体介助に伴う「きつい」「汚い」といったネガティブなイメージから介護の世界を敬遠する学生に対し「非常にもったいないことです。この仕事のおもしろさは、身体介助の技術の向上に限らず、利用者とふれ合う中で、利用者が毎日楽しく暮らしていくためのよりよいサービスを追及していくところにあります。その結果、利用者のみならず、そのご家族からも感謝の言葉と喜びの笑顔をいただける、とてもやりがいのある仕事だと思います」と話す。    そして、人を笑顔にしたいという気持ちを持った学生に向けて「現場を見学するなど、介護の本当の姿をぜひ体験してみて欲しい」とアドバイスを送った。    

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ