就活支援ジャーナル

send 【最新NEWS&TOPICS】 優良企業の内定を勝ち取る

2014年12月17日 水曜日

2001    大学・短期大学卒業後に専門学校に再進学し、その後に就職を目指す「キャリア進学」が注目を集めている。本稿では、実社会で求められる実務能力や実践力を身につけられると評判の〝学び直し〞に関する情報と魅力についてお伝えする。   2005  

秋以降の内定を勝ち取るために!

   内定塾にはこの時期に入塾する2015卒の学生がいますが、体力的にはもちろんのこと、メンタルの部分で相当落ち込んでいる様子がうかがえます。    これから引き続き就職活動をする上で、意識してほしいことを2つ挙げたので参照して下さい。   ➊企業選びは自分の足で  就職情報サイトでの企業選び以外でオススメしたいのが「大学のキャリアセンター」と「ボストンキャリアフォーラム」です。    まず、キャリアセンターには多くの企業の求人が来ており、インターネットには載っていない優良成長企業の求人も少なくありませんので、一度足を運んでみてください。    もう一つの「ボストンキャリアフォーラム」はボストンで開かれる日英バイリンガルの方向けのイベントですが、ここでは世界各国の有力企業の採用担当者が集結しており、そのまま面接に進めるケースもあります。英語に自信のある方は見逃せないでしょう。    また、自分に合った企業を見つけるためのコツとしては、「自分がその仕事を好きと思えるかどうか」という直感が重要です。自身の感覚を信じる勇気を持ってくださいね。   ➋印象・雰囲気に注意  自分では気づかなくても疲れや不安、惰性などの感情は面接中に自然と出てしまうものです。    残り少ない期間での就職活動は企業研究に時間を割くのもなかなか難しいので、「志望動機」の部分にこだわって準備する方が多く見受けられますが、やはり面接試験では「一緒に働きたいと思ってもらえるかどうか」が重要になってきます。    そのため、「質問に正しく受け答えができれば内定をもらえる」というような大学受験と同じ感覚で就活に臨む方がいまだに見受けられますが、面接の場合は表情や話し方、目線や振る舞いなど全てを総合的に評価した上で判断するため、一度客観的に面接を見てもらうことをオススメします。大学のキャリアセンターで対応していただけるので、ぜひ一度足を運んでみて下さい。

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ