就活支援ジャーナル

  • HOME
  • 就活支援ジャーナル
  • 【日本人の食生活を支える食文化のコミュニケーター】 Young Interview 「入職のきっかけ」

send 【日本人の食生活を支える食文化のコミュニケーター】 Young Interview 「入職のきっかけ」

2014年12月17日 水曜日

1401 入職 nyuusyoku02  

お客様と接する一瞬がやりがい

  五十子 この業界に入った理由を教えてください。   高橋 市場や青果に興味があったからです。大学でお世話になった先輩が青果業界で活躍されていて興味を持ちました。「セリって、なんだかカッコ良さそうだ」と思ったんですよね。それがきっかけとなって、この世界に飛び込みました。大学で専門知識を学んでいたわけでもなくゼロからのスタートでしたが、必要な知識は入社してから学ばせていただき、充実した日々を過ごしています。   有賀 入社前と後でギャップはありましたか?   高橋 市場での仕事となると「セリ」が中心になるイメージが強いかもしれませんが、そうした競売業務は一部に過ぎません。いまではむしろ、前日の夜の段階で、予め取引を成立させておくことが多くなっています。仕事内容は実際に入社してみるか、実際に働く社員に聞かないと分からない部分は多いと思います。   清野 仕事をして嬉しい、あるいは辛いと感じる瞬間を教えてください。   高橋 お客様に「ありがとう」と言っていただいた瞬間はとても嬉しいですし、逆に注文通りの在庫を用意することができず、お客様のご期待に応えられなかった場合はとても悔しい思いを味わうことになります。   有賀 この仕事に向き・不向きはありますか?   高橋 やる気と根性さえあれば、誰でも向いていると思いますよ!強いて挙げれば、お客様とコミュニケーションを取りながら商売をする仕事なので、お客様から愛されるユニークな性格の人は特に向いていると思います。元気に大きい声を出せる方であればさらに良いですね!

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ