就活支援ジャーナル

send 【「秋の就活」大応援企画】 お客様からの「ありがとう」が嬉しい

2014年12月16日 火曜日

10011002   1005   とんかつ専門店「とんかつ新宿さぼてん」や中華レストラン「謝朋殿」などを経営する株式会社ジー・エイチ・エフ・マネジメント(本社東京・新宿)は、レストランとデリカテッセンの2業態を主軸にして、全国で500店舗以上を運営している。また、海外進出を果たしており、アジアを中心とした国と地域に127店舗を出店するなど、グローバルな事業が展開しているのも魅力の一つだ。   入社して今年で2年目の德竹将光さん。5月までレストランで働いていたが、親しみやすいキャラクターが評価され、現在は人事総務部で活躍している。   商品はもちろん、スタッフの人柄や素晴らしい接客態度のファンになる客も少なくない。德竹さんが1年目の時、鍋料理の食べ方に戸惑っていた客にていねいに説明をしたところ、後日、「新入社員とは思えないくらい気持ちの良い接客をしてくれてありがとう」と手紙が届いた。その手紙の主はそれ以来、常連客になった。   「お客様の笑顔が何より嬉しい。心を込めた接客が通じて“来て本当に良かった”と声をかけていただくなど、一番近くで反応を感じられるのが、フードビジネスの大きなやりがいです」   入社の決め手は、就職活動の際に採用担当者から感じた温かさだという。德竹さんは「些細な会話を覚えていて、声をかけてくれるなど、細かなフォローに心動かされました。この会社ならば温かな雰囲気の中で仕事ができるのではないかと思いました」と、振り返り、その直感は当たっていたと笑顔を見せる。「人が温かいこと。それが我が社の最大の強みです」と、断言するように、“社員一人ひとり”を大事にする社風は、“お客様一人ひとり”を大事にする環境を作り上げているようだ。   就活生に向けて、「前進あるのみだ」と力強くエールを送る德竹さん。「内定はゴールではなく、スタートラインです。仕事は楽しいことばかりではありません。そんな時でも頑張り通す決意ができて、長く働いていけるような一社を見つけてください」と語った。   1006   1003

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ