就活お役立ちビジネスニュース

send 高浜再稼働が暗礁、関電困惑 経営改善の切り札失う

2015年4月15日 水曜日

  bsc1504150500006-p1     産業界は落胆   「新規制基準まで否定されてはどうしようもない」   14日午後2時すぎ、関西電力高浜原発3、4号機(福井県)の安全対策が不十分として周辺の住民らが運転差し止めを申し立てた仮処分で、福井地裁の樋口英明裁判長が再稼働を認めない決定を言い渡した後、報告を受けた関電幹部は表情をこわばらせた。   東京電力福島第1原発事故後、司法が原発の運転差し止めを妥当としたのは2例目。前回は昨年5月に福井地裁が関電大飯原発3、4号機(同)の運転差し止めを命じた民事判決だ。   いずれも樋口裁判長が担当し、今回は高浜について「万が一の危険という領域をはるかに超えている」と指摘した。原子力規制委員会が安全を確認した原発から順次稼働するとの政府方針に真っ向から対立しただけでなく「新規制基準は緩やかに過ぎ、合理性を欠く」とまで言い切った。   この結果、手続きが最終局面に入っていた高浜の再稼働は暗礁に乗り上げ、産業界には「ゼロリスクを言われたら飛行機も電車も動かせない」との声が上がる。関電は14日、「当社の主張を理解いただけず誠に遺憾で、到底承服できない」とするコメントを発表。「速やかに不服申し立ての手続きを行う」と強調し、「早期に仮処分命令を取り消していただくため3、4号機の安全性の主張・立証に全力を尽くす」とした。  

格段に重い意味

  今回の仮処分は格段に重い意味を持つ。昨年5月の民事判決は控訴や上告があれば確定まで法的効力が生じない内容だったため、関電が控訴した時点で実質的に効力を失った。   だが、差し迫った事態に対応する仮処分決定は判断が覆るまで効力を持つため、関電は新たな審理で勝つまで高浜を稼働できない。   【原発 仮処分の衝撃】(上)高浜再稼働が暗礁、関電困惑 経営改善の切り札失う (2/4ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)
  「樋口裁判長による審理を狙ったとみられる原告の戦略に、関電が完敗した」。民事訴訟に詳しい冨宅恵弁護士(大阪弁護士会)は分析する。同様の仮処分の申し立ては昨年11月に大津地裁では却下された。その9日後、大飯の運転差し止め判決を出した福井地裁にあえて申し立てたのだ。   関電は2013年7月、規制委に高浜2基と大飯2基の安全審査を申請し、いずれも半年程度で合格するとみていた。ところが、地震対策の前提となる基準地震動(想定される最大の揺れ)の算定基準をめぐり規制委と見解が対立したまま、審査が長期化した。結局、高浜が新規制基準に適合すると認められたのは今年2月。当初見込みの3倍の時間を要し、九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)の合格から約5カ月がたっていた。   関電は、その後の関係書類の作成では「生まれ変わったよう」(大手電力関係者)に姿勢を転換。九電から規制委のやり取りを徹底して収集し、作業に反映させた。既に9万ページ近い書類を提出し、手続きも大詰めに入っていた。関電幹部は「ここにきて司法に阻まれるとは」と言葉を失った。   【原発 仮処分の衝撃】(上)高浜再稼働が暗礁、関電困惑 経営改善の切り札失う (3/4ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

赤字回避へ再々値上げも視野

  「2015年度も再稼働が難しくなっても、再々値上げはないでしょうね」。1月、経済産業省。関電の震災後2度目の電気料金の値上げを審査する有識者会議で、ある委員が関電の八木誠社長にこう詰め寄った。   【原発 仮処分の衝撃】(上)高浜再稼働が暗礁、関電困惑 経営改善の切り札失う (3/4ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)
  「訴訟などの理由で(原発停止が)長期化すると総合的な判断が必要」。八木社長は将来的な再々値上げを完全には否定できなかった。   関電は13年春に震災後初めて電気料金を値上げし、家庭用で平均9.75%引き上げた。今回は家庭用で同10.23%の値上げを申請。単純合算で2年で20%もの電気料金の上昇だ。企業用は計約34%上がり、電気料金の負担増が市民生活や企業経営を圧迫し続ける。   関電は再稼働の遅れに伴い、悪化する財務基盤を再値上げで改善する考えだ。火力発電所の燃料費増加などで15年3月期の連結最終損益は1610億円の赤字の見通しだ。4年連続の最終赤字で、5年連続になると会社を丸ごと売っても借金を返せない債務超過が現実味を帯びる。   【原発 仮処分の衝撃】(上)高浜再稼働が暗礁、関電困惑 経営改善の切り札失う (3/4ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)
  関電は、再値上げをした上で11月に高浜を再稼働すれば赤字は回避できると想定していた。だが、仮処分に対する異議申し立ての審理は1年近くかかる恐れもあり、関電のシナリオを狂わせていく。   再稼働が想定以上に遅れれば火力発電所などの修繕費の削減まで迫られかねず、「赤字回避には火力などの安全面を多少犠牲にするくらいしないと、うちは終わる」。関電首脳の言葉に悲壮感が漂う。   【原発 仮処分の衝撃】(上)高浜再稼働が暗礁、関電困惑 経営改善の切り札失う (3/4ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)
  原発の稼働を認めない強制力のある司法判断が下された。電力会社やエネルギー政策への影響を検証する。   【原発 仮処分の衝撃】(上)高浜再稼働が暗礁、関電困惑 経営改善の切り札失う (4/4ページ) – SankeiBiz(サンケイビズ)

仮処分決定の骨子

▽高浜原発3、4号機を運転してはならない ▽想定を超える地震が来ないとの根拠は乏しく、想定に満たない場合でも冷却機能喪失による重大事故が生じうる ▽使用済み核燃料を堅固な施設で囲い込むなどの対策がとられていない ▽原子力規制委員会の新規制基準は合理性を欠き、適合しても安全性は確保されていない ▽原発運転により、住民の人格権が侵害される具体的な危険がある

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ