就活お役立ちビジネスニュース

send 楽天、航空事業に来年参入 エアアジアに出資 旅行部門と連携

2014年6月27日 金曜日

   楽天が航空事業に参入することが26日、分かった。マレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアの日本法人に出資し、2015年の就航に向け、事業面で協力する。出資比率など詳細を詰め、7月1日にも発表する見通しだ。    楽天は自社の旅行事業とも連携し、航空事業を新たな収益源として育てる考え。エアアジアは楽天の顧客基盤や旅行予約サイトで培ったノウハウを取り入れることで、コスト削減などの相乗効果を見込めると判断したもようだ。    エアアジアは全日本空輸(現ANAホールディングス)と共同で、11年にLCCのエアアジア・ジャパンを設立し、12年に成田空港を拠点に運航を開始した。だが、予約システムの使いにくさなどから利用は低迷。昨年6月に合弁を解消し、日本市場から撤退していた。    エアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)は今年4月、東京都内での講演で「15年に日本に再参入する」と表明し、新たな提携相手を探していた。    日本の航空会社は航空法に基づき、外国人の議決権割合を3分の1未満に抑える「外資規制」を受ける。エアアジアの日本法人には、楽天以外の日本企業も出資する可能性がある。    エアアジアの新会社は中部国際空港(愛知県常滑市)に設立されており、同空港が拠点になるとみられる。

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ