就活お役立ちビジネスニュース

send 東芝の事業継続に「重要疑義」 適正意見なし決算公表

2017年4月12日 水曜日

監査法人、巨額損など懸念

 経営再建中の東芝は11日、2度延期した2016年4~12月期連結決算を発表した。3度目の延期を回避するため、決算は適正との監査意見を得られないまま異例の開示に踏み切ったが、監査法人は、米原発事業の巨額損失などを理由に、東芝の事業継続に「重要な疑義」があると表明した。 16年4~12月期決算は最終損益が5325億円の赤字で、2月に発表した4999億円の赤字見通しから悪化した。昨年末時点で負債が資産を上回る債務超過の額は2256億円だった。綱川智社長は記者会見で、監査法人の適正意見が付かないまま決算を発表したことについて「株主の皆さまに大変なご迷惑、ご心配をお掛けしており、心からおわび申し上げる」と謝罪した。

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ