就活お役立ちビジネスニュース

send 日産通期赤字6150億円に縮小販売低迷も「構造改革は着実に前進」

2020年11月13日 金曜日

日産自動車は12日、2021年3月期の連結業績予想を上方修正し、最終赤字が従来の6700億円から6150億円に縮小すると発表した。新型コロナウイルス流行による販売低迷は続いているが、経費削減が想定より進んでいるため。

売上高予想は従来予想の7兆8000億円から7兆9400億円に、本業のもうけを示す営業損益も4700億円の赤字から3400億円の赤字にそれぞれ引き上げた。内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は同日の決算記者会見で、経営再建に向けた構造改革は「着実に進んでいる」と語った。

同時に発表した20年9月中間連結決算は、売上高が前年同期比38.2%減の3兆926億円、最終損益は3299億円の赤字(前年同期は653億円の黒字)だった。

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ