就活お役立ちビジネスニュース

send 新型肺炎、企業への影響さらに 決算発表で「販売に影響」「工場再開延期」

2020年2月5日 水曜日

マスクを買うために並ぶ大勢の市民ら=3日、香港(共同)

新型コロナウイルスによる感染拡大を受け、企業の間で業績への影響を懸念する声が広がっている。自動車や電機などの製造業は、サプライチェーン(部品の調達・供給網)寸断を警戒。観光などの業界は、訪日中国人減少による国内販売への影響を危惧する。中国工場の春節(旧正月)明けの操業再開を延期するなどの対応も広がり始めた。 「当社としても大変憂慮している」 ソニーの十時裕樹最高財務責任者(CFO)は、4日に都内で開いた決算会見の冒頭時間を割いて、新型肺炎の影響に言及した。 同社はこの日、2020年3月期の連結業績予想を上方修正したが、予想に新型肺炎の影響は含まれていない。ただ、十時氏は「それを打ち消す規模の修正となる可能性も否定できない」と説明。スマートフォン向け画像センサーの供給や、ゲーム機「プレイステーション4」の販売が影響を受ける可能性があるとした。 一方、花王はこの日、新型ウイルスの感染拡大が20年12月期に最大200億円の減収要因になると予想。化粧品などで中国人観光客の消費が落ち込むとみており、沢田道隆社長は「しばらくは影響が続くイメージ」と話した。東急不動産の木村昌平取締役は記者団の取材に応じ、「ホテル宿泊の予約サイトに掲載されている価格帯が低下している」と指摘。団体予約のキャンセルを埋めるため、ホテルが安値で予約を受け付け始めていると推測した。 そうした中、全日本空輸と日本航空は中国路線の一部運休と減便を発表。このうち既に成田-武漢線を運休している全日空は、新たに10日から3月29日まで成田-北京線を運休し、羽田-北京線は週7往復に半減した。 工場の操業再開を遅らせる動きも広がっており、日産自動車は湖北省以外の3拠点を2月10日以降、同省の1拠点は14日以降に延期。従来は4日までを春節休暇としていた。ソニーが4工場の再開を10日以降に延ばすなど、同様の動きは他の業界でも広がる。各社の対応は自治体などの指示に基づくものとはいえ、再開が遅れるほどマイナスが膨らみかねない。

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ