自分らしい就職を希望する学生と中堅・中小企業を応援するサイトです

就活支援ジャーナル

挑戦続け、ロードスター30年 「運転の楽しさ」追い求めマツダの象徴に

2018年12月25日 火曜日


マツダの歴代「ロードスター」。手前は初代モデル=10月、横浜市のマツダR&Dセンター横浜

 

マツダのブランドを象徴するオープンタイプの小型スポーツカー「ロードスター」が来年2月、デビュー30周年を迎える。長年にわたりファンの心を揺さぶり続けてきたロードスターにも、電動化やカーシェアリングといった変革の波が押し寄せつつあるが、開発は継続する方針だ。使い勝手を重視した車に押されて存在感が薄くなったスポーツカーの市場で飽くなき挑戦を続ける理由を探った。

◆環境変化に負けず

10月にマツダR&Dセンター横浜(横浜市)で行われた取材会に向かうと、曲線美が光るデザインの4台がたたずんでいた。1989年4月に初代の生産を始め、3度の全面改良を重ねた歴代のロードスターだ。

2000年には、最も多く生産された「2人乗り小型オープンスポーツカー」としてギネス世界記録に認定。16年には累計生産台数100万台を達成し、今も国内外の根強いファンから支持を集めている。昨年の国内販売実績は前年比14%増の約7000台だった。

ファンをひきつける魅力が、初代から受け継がれる「人馬一体」だ。騎手が疾走する馬に乗りながら的に向けて矢を射る伝統武芸「流鏑馬」を由来とする製品コンセプトで、騎手と馬の関係のように運転手が意のままに操れる車を追求したという。

記者は走りを体感しようと初代の助手席に乗車。さらに15年に発売した4代目を運転し、俊敏で軽快な走りを味わった。4代目は排気量1.5リットルのエンジンなど基幹部品を軽くすることで1トンを切る重量を実現。エンジンを車体の前に置き後輪で駆動するロードスターは、前後の重量のバランスを均等にさせており、カーブを走る際に車との一体感を感じることもできた。

ロードスターは70年に米国で制定された排ガス規制などの影響で一度は消えた小型スポーツカーを復活させる呼び水となったが、ブランドの象徴となるまでの道のりは険しかった。

趣味性が強いスポーツカーは大量販売が望めず、独自の車台も必要となる。これが開発と製造のコスト増を招くため、存続の議論を呼びやすい。ロードスターも、96年に米フォードの傘下に入ったマツダがバブル崩壊で不振に陥った経営を立て直す過程などで「いかに継続するか」という課題に直面したという。

マツダで商品本部主査兼チーフデザイナーを務める中山雅氏は、ロードスターが誕生した89年に入社。以来、オーナーでもある中山氏は「車造りで理想を追うことよりも、ビジネスとして上手にやらなければいけないという難しい時期もあった」と振り返る。

その後、実用性も高めたスポーツ用多目的車(SUV)の台頭や所有にこだわらない消費者の増加など取り巻く環境が変化。中山氏は「この先も難しい場面が出てくると思うが、ファンのために『小さくて軽く、運転し楽しい車』を造り続けたい」と決意を述べた。

◆迫る電動化の波

電動化など次世代技術への対応も迫られている。マツダが10月、二酸化炭素(CO2)排出量削減と走りの進化の両立に向けた技術戦略を発表したからだ。この中で30年の生産車両のうち、5%を電気自動車(EV)、95%を電動化技術を搭載した内燃機関車とする方針を示した。

初代から一貫して企画や開発に携わってきた商品本部の山口宗則プロジェクトマネージャーは「楽しい走りを表現するためには軽さが必要だが、モーターや電池などを積むと1トンに抑えることが難しくなる」と複雑な胸の内を明かしながらも「電動化はやらなければいけない」と前を向く。

中山氏も「電動化しても楽しい要素は残したい。そこはエンジニアの力で解決していく」と意気込んだ。

一方で、人を運転や車の所有から「解放」する取り組みもスポーツカー市場に影を落とす。トヨタ自動車は11月、月額定額制で複数の車種に乗れるサービスを来年始めると発表した。将来は自動運転技術を活用した移動サービスの巨大市場が生まれる可能性も高く、「人に喜びを与える車本来の役割が忘れ去られてしまう」(大手自動車メーカー関係者)といった懸念の声も聞こえてくる。

 

■スポーツカー復権 世界の潮流に

ただ、スポーツカー再興の火が消えたわけではない。独BMWの日本法人、ビー・エム・ダブリューは11月、後輪駆動の2ドア車「8シリーズ クーペ」の販売を始めた。約20年ぶりに復活した高級車で、同社のペーター・クロンシュナーブル社長は「スポーツカー市場は活況を取り戻しつつある。今後の成長の可能性はある」と述べた。

独ポルシェも同社初のEV「タイカン」を来年に欧州、2020年には日本に投入する予定。トヨタも02年に生産を中止した「スープラ」の復活を決め、BMWと共同開発し来年前半から世界各国で発売する計画だ。各社からは、スポーツカーをメーカーの存在意義や技術力を伝える広告塔とする意図も読み取れる。

世界市場でのシェアが2%程度にとどまるマツダは「独自性や強みを持たないと埋没してしまう」(丸本明社長)との危機感から、得意のエンジン技術や独創的なデザインなどを磨いた「新世代商品群」を来年から順次投入しブランド力を強化したい考えだ。その一翼を担うロードスターは、“車との対話”を楽しむ需要を喚起し続ける使命も背負っている。(臼井慎太郎)


ピックアップ企業

日興通信株式会社 社会福祉法人大吉会 日研トータルソーシング株式会社 株式会社リエイ トランスコスモス株式会社 キヤノンシステムアンドサポート株式会社 株式会社小田急ビルサービス 株式会社木下工務店(木下グループ) 富士テレコム株式会社 株式会社 市進ホールディングス 株式会社木下の介護 第一カッター興業株式会社 アイエックス・ナレッジ株式会社 株式会社ノジマ アイ・ティー・エックス株式会社 株式会社エス・ケイ通信 株式会社 加藤設備 株式会社テクノプロ テクノプロ・デザイン社 スターツケアサービス株式会社 株式会社 再春館製薬所 ㈱ ザ・クイーンズヒルゴルフ場 阿部建設株式会社 株式会社エイジェック ゲンキー株式会社 共同コンピュータ株式会社 株式会社 電脳職人村 株式会社美光商会 株式会社ベスト電器 エニーキャリア株式会社 株式会社トーヨーホールディングス 株式会社C&Fロジホールディングス 株式会社ヤマサキ 株式会社角産 株式会社にしけい 株式会社太陽流通 株式会社 ノースプロジェクト 株式会社 大の葬祭 医療法人博仁会 村瀬病院グループ 株式会社クロスキャット コーナン商事株式会社 オーケー株式会社 日本企画株式会社 株式会社キタセキ 株式会社 アスクゲートトラスト 日本通信サポート有限会社 株式会社 アイックス フード事業部 株式会社セントラルサービスシステム 社会福祉法人コロロ学舎 ダイレックス株式会社 株式会社ホームインプルーブメントひろせ 株式会社ウジエスーパー Miコーポレーション株式会社 クオラグループ 株式会社ジョイフル 株式会社 コジマ 金融システムソリューションズ株式会社 株式会社オンデーズ 株式会社KDDIエボルバ【札幌センター】 株式会社オートランド札幌 株式会社ホンダカーズ三重 株式会社ユカ 赤門ウイレックス株式会社 株式会社アルミック 株式会社フレッセイ 株式会社ビーコム 株式会社興盛工業所 株式会社ホットマン(イエローハット) 株式会社セノン ヤマセ電気株式会社 株式会社ごんきや 旭川トヨペット株式会社 株式会社 内池建設 株式会社アールアンドアール 株式会社日立プラントコンストラクション 大和冷機工業株式会社 広島建設株式会社 株式会社ネットサポート 野村不動産パートナーズ株式会社 阿部興業株式会社 株式会社シーアールイー 株式会社栗原医療器械店 株式会社トータス TKB株式会社 株式会社ジェイ・ミッション 月島テクノメンテサービス株式会社 株式会社アライズ 株式会社とりせん 株式会社クリエイトグループ 株式会社東天紅 東京エレク総業株式会社 株式会社アントワークス 東京ガスイズミエナジー株式会社 株式会社日本テレメッセージ MXモバイリング株式会社 東京キリンビバレッジサービス株式会社 株式会社ジオンパーソナルサポート 株式会社アプリコット 株式会社南海エクスプレス レカム株式会社 株式会社マルト 株式会社ヨシックス 株式会社遊楽 医療法人社団福寿会 株式会社NBSロジソル 株式会社NKインターナショナル 株式会社エッセ 株式会社タカフジ コスモ建設株式会社 ネッツトヨタ旭川株式会社 クリプトンフューチャーメディア株式会社 株式会社アネステック 株式会社G-7 ホールディングス 株式会社ゼネラルリンク 株式会社東輝建設 株式会社オヤマダ 株式会社キャッツ 株式会社ヒップ 株式会社ハマエンジニアリング 株式会社寺岡北海道 株式会社トラジ 株式会社文明堂東京 株式会社サイネックス 田中商事株式会社 株式会社ウチダテクノ 株式会社ベネッセスタイルケア 港製器工業株式会社 株式会社アクセル KeePer技研株式会社 サッポロウエシマコーヒー株式会社(UCCグループ) 株式会社日本アシスト 大東建物管理株式会社 株式会社アウテック コムウェア株式会社 株式会社 トーシン 株式会社中央コンピュータシステム 株式会社フジキン 株式会社ケアサービス ヤマト電機株式会社 SOMPOケアメッセージ株式会社 株式会社テンダ 社会福祉法人敬愛会 社会福祉法人千葉県福祉援護会 株式会社ノジマ センチュリー21レイシャス アイ・ティー・エックス株式会社 株式会社ほていや 昭和木材株式会社 王蔵株式会社(ケイズグループ) 浜友観光株式会社 株式会社甲羅 スガキコシステムズ株式会社 株式会社アール・エム 日化設備工業株式会社 東武商事株式会社 大成ネット株式会社 株式会社ニッテイホールディングス 西菱電機株式会社 生活協同組合 共立社 株式会社田子重 千代田サービス販売 株式会社 株式会社東洋 株式会社愛工大興 株式会社丸千代山岡家 株式会社ダイキエンジニアリング 旭川トヨタ自動車株式会社 三和ベンダー株式会社 株式会社ヨークマート 株式会社テレステーション トヨタウッドユーホーム株式会社 斉田電機産業株式会社 サカイ創建グループ 愛知産業株式会社 日本原子力防護システム株式会社(JNSS) 第一生命保険株式会社 【総合営業職】 フォレックス株式会社 株式会社Birth47 株式会社ノールテック 株式会社ジー・テイスト 東北海道日野自動車株式会社 株式会社ジェイグループホールディングス 株式会社ユニオンプレート ラッキーホールディングス株式会社 株式会社ジー・テイスト  西日本カンパニー モリス株式会社 ホクサン株式会社 株式会社サカイ引越センター 北見トヨペット株式会社 株式会社 萬野屋 ALSOK大阪株式会社 メモリー株式会社 株式会社 夢真ホールディングス 富士シティオ株式会社 ビジョナグループ カネキ酒販株式会社 株式会社 北関東クリーン社 株式会社フルキャストホールディングス 株式会社アクセスネット 国際自動車株式会社 日本テクノ株式会社 シダックス株式会社 株式会社グッドワークス 株式会社オーエムツーミート 埼玉西パナホーム株式会社 株式会社日本ハウスホールディングス 日本計装技研株式会社 新教育総合研究会株式会社 株式会社ホテルしらさぎ 株式会社 トヨタレンタリース博多 株式会社テクノステート 尼崎医療生活協同組合 ティーライフ株式会社 株式会社ブーランジュリー横浜 株式会社 シェル石油大阪発売所 社会福祉法人八尾隣保館 社会福祉法人いたるセンター 二幸建設株式会社 株式会社秀インターワン 株式会社三和交通統轄本部 株式会社 オオサカムセンデンキ 株式会社イカイアウトソーシング 株式会社イー・ビー・エル セガサミーゴルフエンタテインメント 株式会社 鶴雅グループ株式会社阿寒グランドホテル 株式会社ほくおうサービス 株式会社ライジングサン(昭和シェル石油グループ) 株式会社アイルネット 朝日生命保険相互会社 植田基工株式会社 寿金属工業株式会社 株式会社ZEPE 社会福祉法人 大慈厚生事業会 株式会社ルッドリフティングジャパン 株式会社 信和ゴルフメンテナンス 社会福祉法人 永寿福祉会 社会福祉法人 豊中きらら福祉会 株式会社とんでん 株式会社クリエイティブジャパン パシフィックシステム株式会社 株式会社レント 商船港運株式会社 北海道ハピネス株式会社 株式会社ウインズジャパン 株式会社ヨシモト 株式会社ジャパンテクニカルソフトウェア 株式会社グロウスタッフ 有限会社 加納建材 株式会社 アペックスシステム 日本建築構造センター(株) 社会福祉法人ほのぼの荘 株式会社尾崎スイミングスクール 株式会社 グルメデリカ 社会福祉法人 夢工房 株式会社イハシ(グループ) 株式会社富士通パーソナルズリテールサービス 社会福祉法人 博愛社 児童養護施設 博愛社 リーフエナジー株式会社 シームレスサービス株式会社 社会福祉法人あかつき福祉会 株式会社エコ配 北海道マツダ販売株式会社 JR九州ドラッグイレブン株式会社 株式会社ビッグバレーインターナショナル カトープレジャーグループ 株式会社えーねっと 株式会社うおいち 株式会社アセット 株式会社フジデン BBコール株式会社 株式会社エヌ・ビー・ラボ 株式会社ティーディーシー 中村科学工業株式会社 株式会社こだわりや 株式会社リンクアップ 株式会社平和住宅情報センター アーク引越センター株式会社 社会福祉法人 長寿会 大黒天物産株式会社<ラ・ムー/ディオ> 東京美装興業株式会社 株式会社シムックス 株式会社オオゼキ 株式会社イデアル 株式会社コンプレックス・ビズ・インターナショナル 株式会社佐合木材 エイベックス株式会社 株式会社トレジャー・ファクトリー 株式会社九州テラオカ アトム株式会社 株式会社コール&システム 株式会社アイル 株式会社DYM 株式会社エイ・エヌ・エス 株式会社エヌ・アンド・シー 日本アイビーエム・ソリューション・サービス株式会社 株式会社サンセリテ 社会福祉法人サンライフ ・ 社会福祉法人サン・ビジョン 株式会社北海道総合技術研究所 株式会社 北海道ブブ 株式会社クレタ 北日本石油株式会社 札幌支店 パラマウントケアサービス株式会社 株式会社 三共 テンアライド株式会社 社会福祉法人園盛会 株式会社三峰 株式会社ランドロームジャパン 株式会社ラインテクノ 扇町運送株式会社 社会福祉法人ウエル清光会 住友生命保険相互会社 株式会社石竹 ディーエムソリューションズ株式会社 コンピュータ・テクノロジー株式会社 株式会社博運社 株式会社パレベストプラン 株式会社昭和プラント 株式会社ニチボウ 株式会社マルハン ファーストコーポレーション株式会社 株式会社日本アシスト 株式会社アトム北海道 株式会社ニッショー 株式会社ミクロスソフトウエア 株式会社オノマシン 株式会社 剛建築工房 東洋ワークセキュリティ株式会社 内宮運輸機工株式会社 株式会社 大東青果 有限会社つくしの観光バス(エーネットトラベル) 株式会社 純光社 株式会社大戸屋 社会福祉法人 三幸福祉会 株式会社ISLWARE 宇賀神電機株式会社 ミモザ株式会社 有限会社渡辺理美容店 株式会社 アイアンドシー 株式会社エスピック いすゞシステムサービス株式会社 アリさんマークの引越社(株式会社引越社関東) 株式会社映像センター 株式会社ウィズ・テック 株式会社ハイマックス

トピックス

Facebook を開設しました

twitter を開設しました

特集ページUP