就活お役立ちビジネスニュース

send 北海道地震の道内全域停電、大規模発電所1カ所への依存が原因 課題あらわに

2018年9月7日 金曜日

停電で信号やネオンが消えた札幌市中心部のすすきの交差点=6日午前4時ごろ、札幌市中央区

6日午前3時8分ごろ、北海道で震度7の地震があった。この地震の影響で、道内全域が一時停電する前代未聞の事態となった。電力会社のエリア全域での停電は前例がない。原因は道内最大の火力発電所である苫東厚真(とまとうあつま)火力発電所(厚真町)が緊急停止し、連鎖的に他の発電所も停止したためだ。泊原子力発電所(泊村)は3基全てが停止しており、同社初の液化天然ガス(LNG)火力発電所の稼働を来年に控える中、1カ所の大規模発電所に依存していた課題があらわになった。

  連鎖的に停止波及 苫東厚真火力は震源の近くにあり、出力は3基の発電設備の合計で165万キロワット。地震発生当時、苫東厚真火力は3基とも運転していたが、地震で揺れを検知したため緊急停止した。北海道電力によると、地震発生当時の道内全域の電力需要量は約310万キロワットで、苫東厚真はその半分程度を担っていたことになる。 苫東厚真の停止で、電力の需要に対して供給が大きく損なわれて需給バランスが崩れ、電力供給の周波数を一定に保つことができず、他の発電所にも停止が波及。全域停電につながったとみられる。 経済産業省の担当者は6日、「瞬時に3基全て、165万キロワットが停止する事態をあらかじめ想定した対策までは取っていなかったのではないか」と指摘。「想定を超える規模の電源の脱落が起きた」と話した。

苫東厚真に大きく依存していた背景には泊原発の運転停止が挙げられる。泊原発の出力は全体で207万キロワットと北海道で最大の電源だが、2012年5月から全基が止まっている。再稼働のめどは立っていない。

また、北海道電は電源拡充に向け、同社初のLNG火力の石狩湾新港発電所1号機(小樽市)の稼働を来年2月に控えていたところだった。   完全復旧まで1週間 世耕弘成経済産業相は6日、記者団の取材に応じ、北海道の大規模停電について「北海道全域が完全に復旧するまでには少なくとも1週間以上かかる見通しだ」との認識を示した。北海道電力の苫東厚真火力発電所で機器損傷や出火が発生し、復旧までに時間がかかるためだ。 北海道電は他の火力発電の再稼働や本州からの電力融通で、「約290万キロワットの供給力を7日中にも確保できる見込み」(世耕氏)だ。しかし、5日の道内の電力需要のピークは380万キロワットで、北海道全域の電力をカバーできない。世耕氏は「病院などの重要施設へ電力を供給するため、電源車の配備も早急に進めていく」と説明。北海道電のほか、東北電力や東京電力ホールディングスからも電源車を派遣するよう要請したことも明らかにした。

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ