就活お役立ちビジネスニュース

send 出光、昭和シェルと経営統合へ 33.3%出資、筆頭株主に

2015年7月31日 金曜日

  bsd1507310500008-p1  

石油元売り2位の出光興産は30日、同5位の昭和シェル石油を買収することで合意した、と発表した。両社は今後、経営統合に向けた協議を本格化させる。出光は英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルから、2016年上期をめどに昭和シェルの株式33.3%を取得し、筆頭株主となる。取得金額は約1691億円。国内の石油製品の需要が低迷する中、規模の拡大で競争力を高める。

bsd1507310500008-p2

  両社の連結売上高の合計は単純合算で約7兆6000億円と、業界首位のJXホールディングス(約10兆9000億円)に迫る。国内の石油元売りの合従連衡が加速しそうだ。   同日、都内で会見した出光の月岡隆社長は「経営統合で世界をリードする企業へ進化する一歩だ」と述べた。また、昭和シェルの亀岡剛社長は「対等な立場での経営統合を目指す」と強調した。  

両社のブランドは当面、維持する。経営統合の具体的な手法については今後、両社で協議する。出光は昭和シェルの残りの株式の取得を目指すとみられ、TOB(株式公開買い付け)や株式交換などを検討する。

少子化や低燃費車の普及などを背景に、国内ではガソリンなど石油製品の需要減少に歯止めがかからず、石油業界では生産能力の削減が喫緊の課題になっていた。両社は経営規模の拡大で国内の生産設備の合理化を急ぐほか、成長の源泉と位置付ける海外展開の強化につなげる考えだ。

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ