就活お役立ちビジネスニュース

send ドコモ、アマゾンと連携加速 新規客プライム1年無料、5G陣営作り発展も

2019年11月27日 水曜日

握手する(左から)NTTドコモの吉沢和弘社長、アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長=26日、東京都文京区

NTTドコモは26日、6月から開始した新料金プランの契約者を対象に、米アマゾン・コムの日本法人「アマゾンジャパン」が提供する有料会員サービス「アマゾンプライム」を1年間無料にする特典を始めると発表した。第5世代(5G)移動通信システムの商用化を見据え、有力サービスを取り込み動画コンテンツを充実させるのが狙い。スマートフォン決済などでも連携が強まれば、5G時代の陣営作りが加速する可能性もある。 12月から申し込みを開始する。ドコモの新料金プランのうち、大容量プランの契約者を対象に通常4900円の年会費がかかるアマゾンプライムの利用料を1年間無料にする。小容量向けも対象にするが、一時的なキャンペーンとする。双方の会員数を増加させるとともに、アマゾンの電子商取引(EC)に導入されているドコモのスマホ決済「d払い」の利用拡大にもつなげる。 アマゾンのサービスは、ECで購入した商品の送料が無料になるほか、映画や音楽などの配信も含まれているのが特長だ。高速大容量化する5Gで、動画視聴が一気に増加すると見込まれている。ドコモは12月から新料金プランの契約者向けに米ウォルト・ディズニーの日本法人と提供している動画配信サービスを1年間無料にするなど、動画コンテンツを強化している。同日記者会見したドコモの吉沢和弘社長は「サービスと料金が融合した形が、5Gの料金体系の柱になっていく」と説明した。 ドコモにとって、アマゾンとの連携はECとスマホ決済、コンテンツを強化できる“一石三鳥”だ。吉沢氏は「それぞれの顧客価値を向上できる、いろいろな可能性がある」とアマゾンとの協力をさらに深める姿勢をみせる。 動画配信をめぐっては、KDDI(au)が米動画配信大手ネットフリックスのサービスを含む大容量プランを提供。米フェイスブックとも5G向けの映像コンテンツを共同開発するなど力を入れる。ECでは楽天と配送網を共有するなど協力関係にあり、スマホ決済の加盟店開拓でも連携している。 ソフトバンクは、大容量プランで米動画配信大手フールーやユーチューブをデータ通信を加算しない「ゼロレーティング」の対象にするなど、動画サービスに注力。傘下のヤフーと無料通信アプリのLINE(ライン)の統合にも動き出している。(高木克聡) 携帯電話大手の主な動画コンテンツ強化策 NTTドコモ 大容量プラン契約者に対し、米アマゾンの定額サービスの年会費4900円を1年間無料に KDDI(au) 米ネットフリックスの料金を含んだ大容量プランをラインアップ ソフトバンク 米フールーやユーチューブなど、一部の動画配信サービスのデータ通信を加算せずに見放題になる大容量プランを用意      

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ