就活お役立ちビジネスニュース

send トヨタ、新興国攻略へ正念場 北米除き販売減…国内市場がカギ 4~6月期

2015年8月5日 水曜日

  bsa1508050500002-p1  

トヨタ自動車が4日発表した2015年4~6月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比9.1%増の7560億円と4~6月期として2年連続で過去最高を更新した。売上高も9.3%増の6兆9876億円と8年ぶりに最高を記録。最終利益も10.0%増の6463億円と3年連続で最高益となった。

bsa1508050500002-p2

  世界首位奪うVW   16年3月期の連結業績は、売上高を当初予想から3000億円引き上げ、前期比2.1%増の27兆8000億円に上方修正。2年連続で最高となる見通しだ。   販売では日本、アジア、中近東などで軒並み台数を減らし、北米頼みの状況だ。今年上期(1~6月期)の世界販売で首位を4年ぶりに独フォルクスワーゲン(VW)に奪われる中、中国をはじめとする新興国や国内でいかに競争力を維持していくかが成長の鍵になる。   「販売台数の減少がきつかったと考えている」。4日の決算会見で、トヨタの大竹哲也常務役員は強調した。トヨタはグループのダイハツ工業と日野自動車を含む15年(1~12月)の世界販売計画を3万台引き下げ、1012万台に下方修正した。  

4~6月期の連結販売台数は211万4000台で、前年同期から12万7000台の減少。円安による営業利益の押し上げが1450億円あったにもかかわらず、増益幅は632億円にとどまった。

  唯一好調な北米は、原油安や景気回復を追い風にピックアップトラックやスポーツ用多目的車(SUV)の販売が伸び、前年より約2万台増加した。需要を取り込もうと、カナダ工場で約400億円を投じて設備を増強、年内に高級SUVの生産を開始する計画だ。   中国も懸念材料   一方、国内は今年4月の軽自動車税増税などで、傘下のダイハツ工業の販売が苦戦し、3万6000台の減少。高いシェアを維持してきたインドネシアやタイも景気減速が直撃し、アジア全体で5万7000台落ち込んだ。   世界最大市場の中国も懸念材料だ。足元の販売は前年を上回り、年間110万台の達成に自信を見せるが、上海株下落などで市場の成長ペースは鈍化。値下げ競争が激しくなっており、大竹常務役員が「収益は楽観を許さない」と話すなど、利益の押し下げ要因となる。  

トヨタは4日、中国・天津に約590億円を投じて新工場を建設すると発表した。18年半ばに稼働予定で、生産能力は年10万台とやや減少するが、需要の変動に柔軟に対応できる設備にして競争力を高める。

  トヨタは5月に東南アジアで新興国向け戦略車を投入したほか、年後半に主力ハイブリッド車(HV)「プリウス」の全面改良も予定。工場建設を再開し、次の成長ステージに向けて動き出したトヨタにとって正念場となる。(田村龍彦)

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ