就活お役立ちビジネスニュース

send スマホでATMから出入金、広がるIT金融 セブン銀、じぶん銀と全国初展開

2017年3月24日 金曜日

セブン銀行のATMをスマートフォンだけで利用できるサービスのデモ=23日、東京都千代田区

2万3000台

セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン銀行と、インターネット銀行のじぶん銀行は23日、スマートフォンだけでATM(現金自動預払機)が利用できるサービスを始めると発表した。キャッシュカード不要のATMサービスの全国展開は初とみられる。イオン銀行が指紋認証によるATM利用を実証実験したほか、ヤフーや楽天、LINE(ライン)といったIT大手も、個人間の送金が簡単にできるサービスを実施。ITを活用した金融サービス「フィンテック」の活用例が増えてきた。 コンビニの「セブン-イレブン」などに設置されたセブン銀のATM約2万3000台が、週明け27日の午前10時からスマホだけで利用できるようになる。じぶん銀のアプリをスマホにダウンロードして使う。出金の場合はスマホで金額を入力した後、ATMの画面に映し出されたQRコードを撮影して送信。口座の暗証番号などを入力して、お金を引き出す。 セブン銀の二子石謙輔社長は「新しい金融サービスのプラットフォームになる」と今後のサービス拡充を示唆した。

イオン銀は今月17日まで、神田店(東京都千代田区)で、指紋で認証してATMを使うシステムを実証実験。対象店舗を拡大しての再開を検討している。

スマホアプリで個人間の送金が手数料なしでできるサービスも、IT大手が注力している。ヤフーや楽天、LINEは、それぞれが提供しているアプリを通した送金サービスを展開。いずれも、同じアプリの利用者なら、相手の口座番号が分からなくても送金できるのが特徴。飲食店などの「割り勘」に使えるほか、個人間で品物を売買するサービスでも活用されている。 「フリーテル」ブランドで格安スマホを展開するプラスワン・マーケティングの増田薫社長は「日本では現金が必要な場面が中国より多い」と指摘し、2020年までに新しいフィンテックのサービスを提供する考えを示す。キャッシュレスで利便性の高いサービスが広がれば、日本の消費者の根強い「現金志向」にも変化が出てきそうだ。

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ