就活お役立ちビジネスニュース

send カリスマ去り流通業界に激震 セブン&アイ鈴木会長、辞任を表明

2016年4月8日 金曜日

  bsd1604080500007-p1   セブン&アイ・ホールディングス(HD)の鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO)(83)は7日、東京都内で会見し「引退を決意した」と述べ、辞任を表明した。鈴木氏は、子会社のセブン-イレブン・ジャパンの井阪隆一社長兼最高執行責任者(COO)(58)を退任させる人事案を主導したが、同日の取締役会で否決されたことを受け、経営を混乱させた責任を取り、辞任することを決めた。   人事案に対する取締役会の決議は反対6票、賛成7票、棄権2票で、成立に必要な過半数を確保できなかったという。   「物言う株主」として知られる大株主の米ヘッジファンドのサード・ポイントは、井阪氏の経営手腕が好業績につながっているとして、井阪氏の退任に反対を表明するなど、社内外で波紋が広がっていた。   鈴木氏は1963年にイトーヨーカ堂に入社し、コンビニエンスストア業態を日本で初めて導入。セブン&アイを国内最大級の流通企業に育てるなど手腕を発揮した。

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ