就活お役立ちビジネスニュース

send 【クレムリン経済学】日本製の中古車輸入が曲がり角 ルーブル安、不透明な品質…事業厳しく 「メーターいじってるだろ?」

2016年10月17日 月曜日

  mcb1610170500006-p1   「売れ行きはさっぱりだ。壊滅的だよ」   露極東ウラジオストクにある青空中古車市場「ゼリョーヌイ・ウーグル(緑の角)」。並べられた日本製の中古車を見つめながら、販売員(50)はため息をついた。車が売れないためか、テーブルに日本から持ってきた酒やコーヒー、湿布薬などを並べて売っている。「この薬の成分は何だ? コーヒーをまとめて輸入するには、ここに電話をすればいいのか」。中古車買い付けのため、日本を何度も訪れたというこの男性は、“サイドビジネス”用商品の説明を盛んに求めてきた。   地元経済に定着   露極東はソ連崩壊後、中央政府からの支援が滞り、経済が壊滅状態に陥った。そのなかで、住民が活路を見いだしたのが日本製中古車の輸入ビジネスだ。古くても、丈夫で性能の高い日本の中古車は瞬く間に極東全域に広がり、政府が自国内での生産を奨励するためさまざまな規制をかけても、その需要は途絶えなかった。  

極東ウラジオストクでは、今でも路上を走る車のほとんどが日本から輸入された右ハンドルの中古車で、市内のあちこちに中小の修理工場や部品店が並ぶ。「単なる売り買いだけではなく、経済システム全体が生み出された」(専門家)とまで評価されるゆえんだ。

  しかし輸入車ビジネスは2014年以降のルーブル暴落の直撃を受けた。現在、対円でのルーブルの価値は14年初めと比べて約半分。ロシア国内の景気悪化も相まって、中古輸入車の売れ行きは厳しさを増している。   品質面でも、人々の視線は厳しさを増している。「この車は日本の中古車だけど、どれくらい古いものか、本当のところは分からない。走行距離のメーターなども、“いじられている”だろう」   個人で車を購入したというタクシー運転手のアナトーリさん(35)は、記者をゼリョーヌイ・ウーグルまで送る車中で中古車への不信を口にした。購入した車の値段を聞くと、それほど安くはない。日本製への信頼から中古車を買うというが、ビジネスのあり方には不満も強いようだった。      

新たな業態模索も

  従来型の中古車ビジネスを脱皮し、新たな業態創出を目指す経営者もいる。   ウラジオストクから車で約30分。幹線道路沿いに、日本や欧州ブランドの新車を扱う大型販売店があった。なかにはカフェやさまざまなグッズの販売スペースも併設され、客がくつろげるよう工夫しているのが印象的だった。   店舗を経営するスモウトリ・テフノホールディング社のベルケエンコ社長(43)は、極東の自動車販売業界では知られた存在だ。1990年代から中古車輸入ビジネスを手がけ、後に商用車や、新車販売にも事業を拡大してきた。社名はもちろん、日本の「相撲取り」が由来だ。高い技術や規律、精神性を表現しているのだという。   mcb1610170500006-p2-1   「公正に、オープンに、そして安く車を売ることに注力してきたことで、事業を広げる可能性が生まれたと思う」。ベルケエンコ氏はそう語り、極東にはびこる不透明な中古車ビジネスに批判の目を向ける。  

業態を多様化した結果、ビジネス環境が激変した過去のロシアの経済危機や、現在も続くルーブル下落も乗り切ることができたと振り返る。経済状況は現在も厳しいが、「ビジネス文化の変革や住民生活の改善につながれば」として、地域振興を視点にしたサーキット場建設や、日本人選手らも出場するレース運営なども手がけている。

  ベルケエンコ氏はロシア極東の人々の特徴として「疑い深く、物事が良い方向に変わるということを信じようとしない」傾向があると指摘する。そして「現状に不満があるならば、自分を信じて行動すべきだ。すべての企業がその方向を目指せば、必ず状況は変わる」と語り、極東ビジネスの“現状打破”を熱く訴えた。(ウラジオストク 黒川信雄) 日本人選手らも出場するレース運営なども手  

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ