就活お役立ちビジネスニュース

send 「iPhone7」16日発売、決済に期待 アップル、買い替え需要取り込み

2016年9月9日 金曜日

  bsj1609090500003-p1   米アップルは7日、サンフランシスコで新製品発表会を開き、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」と「7プラス」を発表した。9日から予約を受け付け、16日から日米など世界各国で販売する。日本向けの製品には、JR東日本のICカード「Suica(スイカ)」などに採用されているソニー子会社の非接触ICカード技術「フェリカ」を搭載し、駅やコンビニエンスストアなどで料金の支払いができるようになる。   アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は発表会で、「これまでに作った中で最高のアイフォーンだ」と述べた。   アップルは日本で普及しているフェリカに対応することで、決済サービス「アップルペイ」を日本でも利用できるようにする。サービス開始は10月から。スイカのほか、JCBの「クイックペイ」、NTTドコモの「iD」などの決済サービスに対応している。   アイフォーン7の画面サイズは4.7インチで、7プラスは5.5インチ。いずれのモデルでもイヤホンジャックをなくし、無線化した。対応するイヤホン「エアポッド」も発表した。防水機能も備えている。  

またカメラ機能では画質を向上させたほか、フラッシュにも改良を加えた。さらに7プラスには通常のカメラに加え、望遠撮影ができるカメラも搭載。2つのカメラで同時に被写体を捉え、より奥行きがある写真を撮ることもできる。

  日本での販売価格はアイフォーン7が7万2800円から、7プラスが8万5800円から。   発表会では腕時計型端末アップルウオッチの新製品「シリーズ2」を16日から販売することも公表された。衛星利用測位システム(GPS)を内蔵し、ジョギングなどのデータを記録する際にアイフォーン本体を携帯しなくてもよくなる。また防水性能も大幅に高められ、プールで泳いだ距離や消費カロリーを測定することもできる。日本での販売価格は2万7800円から。   bsj1609090500003-p2-1   アップルは7月に発表した2016年4~6月期決算で、アイフォーンの世界販売台数が2四半期連続で減少した。7シリーズ投入は買い替え需要を掘り起こし、巻き返しを図る狙いがある。(ワシントン 小雲規生)

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ