就活お役立ちビジネスニュース

send 「早朝観戦」W杯特需は期待薄 外食・流通各社イベントも…時差の壁

2014年6月13日 金曜日

bsd1406130500004-p1    サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会が日本時間13日(現地時間12日)に開幕するのにあわせ、関連メーカーや外食・流通などの各社が、12日にイベントやキャンペーンをスタートさせた。日本代表の応援を中心に大会を盛り上げ、消費を喚起しようという考えだ。だが、時差12時間のブラジルでの試合はほとんどが早朝から午前。このため、W杯で恒例になっている飲食店でのテレビ観戦イベントや宅配ピザの特需への期待は薄くなっている。    日本マクドナルドは、18日発売予定の「ジャパンバーガー ビーフメンチ」の先行発売を、W杯キャンペーンとして12日、東京・渋谷の店舗で実施した。販売開始前から100人程度が行列を作った。    マクドナルドはW杯の公式スポンサー。主要出場国をイメージした「FIFA公式ハンバーガー」を発売し、減少傾向にある来店客数の挽回を図る。    キリンビールも12日、日本でライセンス製造・販売しているW杯公式ビール「バドワイザー」のイベント会場を東京・渋谷にオープンした。キリンは日本代表公式パートナーでもあり、日本代表、W杯の両方を活用した販促展開ができる。    このほか、アディダス ジャパンが、東京や大阪、仙台など全国50会場でパブリックビューイングを実施するなど、関連各社は観戦やイベントで、W杯を盛り上げる。    W杯や五輪など国際的なスポーツイベントでは、観戦にともなう飲食などの特需を期待したいところだが、時差のおかげで苦戦しそうだ。    日本代表の試合は初戦のコートジボワール戦が日本時間の15日午前10時開始。第2戦が20日午前7時、3戦目が25日午前5時となっており、スポーツバーや自宅に集まって、飲食しながらの観戦はしにくい。    それでも英国風パブ「HUB」を展開するハブでは、「お客さまからのニーズもあるので、日本戦だけでなく人気カードでテレビ応援イベントを実施する」(広報担当者)予定だ。    宅配ピザ「ピザーラ」を展開するフォーシーズでは、02年の日韓W杯では時間帯がよく、期間中の売上高が前年比5割増しとなったが、今回はそこまで期待できない。しかし15日は「ビザを食べながら観戦したいというお客さまに対応したい」(広報)とし、多くの店舗が通常よりも営業開始時間を2時間程度早める。(平尾孝)

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ