就活お役立ちビジネスニュース

send 「モンスト」でミクシィ急回復 利用者900万人突破、伏兵はLINE

2014年6月30日 月曜日

   赤字に陥った会員制交流サイト(SNS)大手、ミクシィの業績が急速に回復している。牽引(けんいん)するのはスマートフォン(高機能携帯電話)向けのゲーム「モンスターストライク(通称・モンスト)」の課金収入。昨年10月の提供開始から約9カ月で利用者は世界で900万人を突破し、大ヒットしたガンホー・オンライン・エンターテイメントのスマホ向けゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」に迫る勢いだ。ただ、浮き沈みが激しいゲームを頼みとする経営には懸念する声もあり、「次の一手」が早くも問われている。    株価2万円台目前 「モンストがパズドラをいつ抜くかを、個人投資家は頻繁にチェックしていた」。ゲームメーカー関係者はこう指摘する。モンストは5月15日、米アップルのアプリ(応用ソフト)サイト「アップストア」のセールスランキングで初めてパズドラから首位を奪った。    その後、ミクシィの株価は上昇傾向が続く。株式分割前の6月18日には一時、前日比2600円高の1万9640円を付け、2万円台に迫った。1年前の同じ日の終値(1456円)と比べ、ほぼ13倍だ。    ミクシィは13年4~6月期に2億5300万円の最終赤字に陥り、業績悪化が表面化。SNSでは米フェイスブックに需要を奪われ、スマホ向け無料通話・メールサービスのLINE(ライン)など新興勢力の台頭も響いたためだ。    13年6月には創業者の笠原健治氏から朝倉祐介氏への社長交代に踏み切る。朝倉氏が打ち出した新規事業の一つがスマホ向けゲームだった。モンストは4作目となるスマホゲームだ。    手軽さや友人と楽しめることが人気を呼び、モンストは今年2月に利用者が300万人を突破。5月から台湾でも展開し、6月4日に800万人、24日には900万人とうなぎ上りで増えている。    業績への貢献度は極めて大きい。14年3月期に121億円だった連結売上高は、計画では15年3月期に約3.3倍の400億円に膨らみ、最終損益も2億2700万円の赤字から60億円の黒字に転換する。    売上高のうち約300億円をモンストが稼ぎ出すと見込んでおり、「ミクシィは今やスマホゲーム大手」(業界関係者)との声も漏れる。    今月24日には、モンストの立ち上げを取り仕切った森田仁基執行役員が社長に就任。「14年度は(中国など)海外展開を広げていく」と意気込む。    一方、スマホ向けのパズドラは5月に国内だけで2800万ダウンロードを達成した。ガンホーの森下一喜社長は「パズドラはまだ下降局面に入っていない」と自信を見せる。    思わぬ伏兵LINE  ただ、スマホ向けゲームでは伏兵の姿もちらつく。LINEだ。ゲームサービスの「LINE GAME」では9タイトルが1000万ダウンロードを突破し、このうち「LINE POP」は4300万ダウンロードを超える人気を集める。    スマホゲームはダウンロード数が多いほど課金収入も増える。このため、ゲームメーカーは多額の広告宣伝費を投入する。    だが、LINEのゲームは利用者が一緒に遊ぶために知り合いに薦め、ダウンロードが伸びる構図で成長している。利用者自身が“広告塔”の役目を果たしているのが強みだ。    ゲーム開発者からは「半年先に何がヒットしているか全く読めない」との声も漏れるスマホゲーム業界。主役交代がいつ起きても不思議ではなく、モンストの「次」がミクシィの将来を左右する構図になりつつある。(田村龍彦)  

フジサンケイビジネスアイ

就職コンサルナビ

イノベーションズアイ