自分らしい就職を希望する学生と中堅・中小企業を応援するサイトです

就活支援ジャーナル

経産省若手官僚の「本音」、ネットで賛否 『昭和モデル』前提では「変革進まぬ」

2017年7月3日 月曜日


経産省若手の報告書「不安な個人、立ちすくむ国家」

経済産業省の若手官僚が5月に発表した報告書にインターネット上で注目が集まっている。「不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~」と題し、高齢者に手厚い政策の見直しなどを提言している。「何をやったら『合格』『100点』かわからない」「『昭和の人生すごろく』のコンプリート率は、既に大幅に下がっている」などと、霞が関のお役人らしからぬ言葉に「率直な官僚の本音だ」と、賛同の声が上がる一方、「わかりきっていた問題を今さらいわれても」という批判も巻き起こり、120万超のダウンロードを記録した。

民間の力を活用

若手官僚の報告書では、今後の国家のあり方を考える上で把握すべき大きな潮流の変化として、特に日本が抱える社会問題について集中的に取り上げている。定年退職者の実態や母子家庭の困窮状況を分析することで、高齢者の福祉が重視され、若者への支援策が手薄な現状を報告している。個人の価値観や暮らし方が多様化する中で、官の力だけでは有効な政策は具体化しづらくなっており、民間の力を活用することが必要だと結論づけた。

報告書の取りまとめは、一昨年から始まった経産省の「次官・若手プロジェクト」の一環。省内で公募した若手30人が、事務次官と直接やりとりをしながら、制限を設けず、社会問題に向き合うというのがプロジェクトの趣旨だ。

昨年5月にも、人工知能(AI)やロボット技術の進化による第4次産業革命がもたらす影響などを分析した「21世紀からの日本への問いかけ(ディスカッションペーパー)」という文書を発表しているが、そちらは話題にはならなかった。メンバーを変えた第2弾の今回の報告書が大きく違うのは、その文章表現だ。

メンバー最年長の通商政策局通商戦略室の宮下誠一室長補佐(37)は「(菅原郁郎事務)次官から『本質を投げかけるような表現にするように』と、何度も修正が入った」と振り返る。報告書には、個人が抱えている不安や不満を「そろそろシンガポールに脱出かな」「受験、就活、婚活、保活…自分で決めろといわれても、そんなにうまくいかない」などと表現している。

また、「今の社会システムは、高度経済成長まっただ中の1960年代の日本社会を前提につくられたもの」とし、それが定着した世代の人生と、現役世代の人生とを比較。「結婚して、出産して、添い遂げる」という生き方をする人が50年代生まれは81%、80年代生まれは58%、「正社員になり定年まで勤めあげる」という生き方をする人は50年代生まれが34%、80年代生まれが27%といった試算を紹介している。

その上で「『サラリーマンと専業主婦で定年後は年金暮らし』という『昭和の人生すごろく』のコンプリート率は、既に大幅に下がっている」と指摘。「今後は、人生100年、二毛作三毛作が当たり前。にもかかわらず、『昭和の標準モデル』を前提に作られた制度と、それを当然と思いがちな価値観が絡み合い、変革が進まない。これが、多様な生き方をしようとする個人の選択を歪(ゆが)めているのではないか」と問題提起した。

異なる文書構成

役所では通常、特定の課題に対し、担当部局の権限でどのような政策を打ち出すかという順序で仕事が進んでいく。報告書は「社会にスコープを当て、議論を喚起するのが目的だった。構成も役所の文書と全く異なって力が入った」(宮下室長補佐)。

有識者からのヒアリングやメンバー同士や、菅原次官との議論など、費やした熱量がにじみ出る報告書は発表直後から、フェイスブックやツイッターなどのSNSなどを通じて瞬く間に広がった。「霞が関にも人間がいた」「こんな官僚がいたなんて」と、従来の官僚とは違う好印象を持ったというものから、「今年は『官僚たちの夏』がやってくる」と国益のために通商政策の立案に奔走する姿を描いた城山三郎氏(1927~2007年)の小説に重ね合わせる声もあった。今では、民間企業やNPO、大学などから講演依頼が殺到しており、出版の予定もあるという。

一方で「そんな前提は、周知されてるのだから、新産業の創出とか、そういった可能性に満ちた明るい展望も出してくれよ」「ヤバイならなんとかしろよ。計算得意だろ経産省なんだから」などと、リポートの問題点を指摘する意見も続出し、炎上状態にも陥った。

少子高齢化や、高齢者重視の「シルバー民主主義」による社会の歪みや制度疲労は、これまで官僚たちが解決できなかった問題であったからだ。

外部から厳しい目

「少子高齢化を克服できるかの最後のチャンス」「2度目の見逃し三振はもう許されない」と強調する報告書は、NPOや元官僚など、行政に限界を感じ、別の手法を模索している人々から「時代遅れのエリートが考えたもの」と厳しい目を向けられる結果ともなった。

そもそも、官僚たちは、こうした国家の課題を解決することを目標に、最難関の国家試験を通過したはずだ。解決のために示した「『公』の課題を全て官が担うのではなく、意欲と能力のある個人が担い手に」なるという方向性は、10年以上前から指摘されてきたことだった。少なくとも、「なぜ、これまで霞が関では解決できなかったのか」と、自分たちが抱える閉塞(へいそく)感そのものも分析していれば、炎上反応は違ったものになっていたかもしれない。

今回の若手報告書をきっかけに、地方自治体でも、若手職員が同じような議論を始めているという。経産省若手の取り組みは一つのきっかけになったことは間違いない。ただ、若者による一過性の嘆きで終わるかもしれない。世論を変え、実効性のある取り組みを具現化させるまでの推進力を持つか、若者の力も試されている。(高木克聡)


ピックアップ企業

MXモバイリング株式会社 東京キリンビバレッジサービス株式会社 株式会社ジオンパーソナルサポート 株式会社アプリコット 株式会社南海エクスプレス 株式会社アデプティマ レカム株式会社 株式会社マルト 株式会社ヨシックス 株式会社遊楽 医療法人社団福寿会 株式会社NBSロジソル 株式会社NKインターナショナル 株式会社エッセ 株式会社タカフジ コスモ建設株式会社 ネッツトヨタ旭川株式会社 クリプトンフューチャーメディア株式会社 株式会社アネステック 株式会社G-7 ホールディングス 株式会社ゼネラルリンク 株式会社東輝建設 株式会社オヤマダ 株式会社キャッツ 株式会社ヒップ 株式会社ハマエンジニアリング 株式会社寺岡北海道 株式会社トラジ 株式会社文明堂東京 株式会社サイネックス 田中商事株式会社 株式会社ウチダテクノ 株式会社ベネッセスタイルケア 港製器工業株式会社 株式会社アクセル KeePer技研株式会社 サッポロウエシマコーヒー株式会社(UCCグループ) 株式会社日本アシスト 大東建物管理株式会社 株式会社アウテック コムウェア株式会社 株式会社 トーシン 株式会社中央コンピュータシステム 株式会社フジキン 株式会社ケアサービス ヤマト電機株式会社 トランスコスモス株式会社 SOMPOケアメッセージ株式会社 株式会社テンダ 第一カッター興業株式会社 社会福祉法人敬愛会 社会福祉法人千葉県福祉援護会 株式会社ノジマ センチュリー21レイシャス 株式会社リエイ アイ・ティー・エックス株式会社 株式会社ほていや 昭和木材株式会社 王蔵株式会社(ケイズグループ) 浜友観光株式会社 株式会社甲羅 スガキコシステムズ株式会社 株式会社アール・エム 日化設備工業株式会社 東武商事株式会社 大成ネット株式会社 株式会社ニッテイホールディングス 西菱電機株式会社 生活協同組合 共立社 株式会社田子重 千代田サービス販売 株式会社 株式会社東洋 株式会社愛工大興 株式会社丸千代山岡家 株式会社ダイキエンジニアリング 旭川トヨタ自動車株式会社 三和ベンダー株式会社 株式会社ヨークマート 株式会社テレステーション トヨタウッドユーホーム株式会社 斉田電機産業株式会社 サカイ創建グループ 愛知産業株式会社 日本原子力防護システム株式会社(JNSS) 第一生命保険株式会社 【総合営業職】 フォレックス株式会社 株式会社Birth47 株式会社ノールテック 株式会社ジー・テイスト 東北海道日野自動車株式会社 株式会社ジェイグループホールディングス 株式会社ユニオンプレート ラッキーホールディングス株式会社 株式会社ジー・テイスト  西日本カンパニー モリス株式会社 ホクサン株式会社 株式会社サカイ引越センター 北見トヨペット株式会社 株式会社 萬野屋 ALSOK大阪株式会社 メモリー株式会社 株式会社 夢真ホールディングス 富士シティオ株式会社 ビジョナグループ カネキ酒販株式会社 株式会社 北関東クリーン社 株式会社フルキャストホールディングス 株式会社アクセスネット 国際自動車株式会社 日本テクノ株式会社 シダックス株式会社 株式会社グッドワークス 株式会社オーエムツーミート 富士テレコム株式会社 埼玉西パナホーム株式会社 株式会社日本ハウスホールディングス 日本計装技研株式会社 新教育総合研究会株式会社 株式会社ホテルしらさぎ 株式会社 トヨタレンタリース博多 株式会社テクノステート 尼崎医療生活協同組合 ティーライフ株式会社 株式会社ブーランジュリー横浜 株式会社 シェル石油大阪発売所 社会福祉法人八尾隣保館 社会福祉法人いたるセンター 二幸建設株式会社 株式会社秀インターワン 株式会社三和交通統轄本部 株式会社 オオサカムセンデンキ 株式会社イカイアウトソーシング 株式会社イー・ビー・エル セガサミーゴルフエンタテインメント 株式会社 鶴雅グループ株式会社阿寒グランドホテル 株式会社ほくおうサービス 株式会社ライジングサン(昭和シェル石油グループ) 株式会社アイルネット 朝日生命保険相互会社 植田基工株式会社 寿金属工業株式会社 株式会社ZEPE 社会福祉法人 大慈厚生事業会 株式会社ルッドリフティングジャパン 株式会社 信和ゴルフメンテナンス 社会福祉法人 永寿福祉会 社会福祉法人 豊中きらら福祉会 株式会社とんでん 株式会社クリエイティブジャパン パシフィックシステム株式会社 株式会社レント 商船港運株式会社 北海道ハピネス株式会社 株式会社ウインズジャパン 株式会社ヨシモト 株式会社ジャパンテクニカルソフトウェア 株式会社グロウスタッフ 有限会社 加納建材 株式会社 アペックスシステム 日本建築構造センター(株) 社会福祉法人ほのぼの荘 株式会社尾崎スイミングスクール 株式会社 グルメデリカ 社会福祉法人 夢工房 株式会社イハシ(グループ) 株式会社富士通パーソナルズリテールサービス 社会福祉法人 博愛社 児童養護施設 博愛社 リーフエナジー株式会社 シームレスサービス株式会社 社会福祉法人あかつき福祉会 株式会社エコ配 北海道マツダ販売株式会社 JR九州ドラッグイレブン株式会社 株式会社ビッグバレーインターナショナル カトープレジャーグループ 株式会社えーねっと 株式会社うおいち 株式会社アセット 株式会社フジデン BBコール株式会社 株式会社エヌ・ビー・ラボ 株式会社ティーディーシー 中村科学工業株式会社 株式会社こだわりや 株式会社リンクアップ 株式会社平和住宅情報センター アーク引越センター株式会社 社会福祉法人 長寿会 大黒天物産株式会社<ラ・ムー/ディオ> 東京美装興業株式会社 株式会社シムックス 株式会社オオゼキ 株式会社イデアル 株式会社コンプレックス・ビズ・インターナショナル 株式会社佐合木材 エイベックス株式会社 株式会社トレジャー・ファクトリー 株式会社九州テラオカ 株式会社 角産 アトム株式会社 株式会社コール&システム アイエックス・ナレッジ株式会社 株式会社アイル 株式会社DYM 株式会社エイ・エヌ・エス 株式会社エヌ・アンド・シー 日本アイビーエム・ソリューション・サービス株式会社 株式会社サンセリテ 社会福祉法人サンライフ ・ 社会福祉法人サン・ビジョン 株式会社北海道総合技術研究所 株式会社 北海道ブブ 株式会社クレタ 北日本石油株式会社 札幌支店 パラマウントケアサービス株式会社 株式会社 三共 テンアライド株式会社 社会福祉法人園盛会 株式会社三峰 株式会社ランドロームジャパン 株式会社ラインテクノ 扇町運送株式会社 社会福祉法人ウエル清光会 住友生命保険相互会社 株式会社石竹 ディーエムソリューションズ株式会社 コンピュータ・テクノロジー株式会社 株式会社博運社 株式会社パレベストプラン 株式会社昭和プラント 株式会社ニチボウ 株式会社マルハン ファーストコーポレーション株式会社 株式会社日本アシスト 株式会社アトム北海道 株式会社ニッショー 株式会社ミクロスソフトウエア 株式会社オノマシン 株式会社 剛建築工房 東洋ワークセキュリティ株式会社 内宮運輸機工株式会社 株式会社 大東青果 有限会社つくしの観光バス(エーネットトラベル) 株式会社 純光社 株式会社大戸屋 社会福祉法人 三幸福祉会 株式会社ISLWARE 宇賀神電機株式会社 ミモザ株式会社 有限会社渡辺理美容店 株式会社 アイアンドシー 株式会社エスピック いすゞシステムサービス株式会社 アリさんマークの引越社(株式会社引越社関東) 株式会社映像センター 株式会社ウィズ・テック 株式会社ハイマックス

トピックス

Facebook を開設しました

twitter を開設しました

特集ページUP